Loading 研修・教育

入局案内

1.金沢大学神経内科は、新しく入局して下さる方々を歓迎します。

2.入局後は、金沢大学附属病院及び関連病院にて研修を行って頂きます。

3.金沢大学附属病院では、神経難病や診断が困難な症例が多く、緻密で丁寧な診療を行っています。特に興味深い症例については、症例報告や学会発表を通じて世界に情報を発信することで、医療に貢献するように心がけています。

4.関連病院での研修では、脳血管障害、ギラン・バレー症候群、脳炎・髄膜炎、てんかんなどの神経疾患救急を中心に診療している急性期病院、神経変成疾患の終末期医療を中心に診療している療養型病院など、様々な種類の病院をローテートすることにより幅広い神経内科疾患の知識・経験の習得が可能です。

5.以上のような研修の結果、神経内科専門医や関連学会専門医(認知症学会専門医、脳卒中学会専門医、リハビリテーション学会専門医、てんかん学会専門医 など)の取得が可能です。

6.臨床から得られたヒントに基づいた基礎及び臨床研究を積極的に行っており、大学院への進学、博士号取得も最大限サポートしています。

7.海外への留学も推奨しており、希望した医局員全員が海外留学を経験出来るように努力しています。
最近の留学先
University of Southampton (UK)
University of Tübingen (Germany)
University of California at Los Angeles (USA)
University of California at Davis (USA)
University of Texas (USA)
Oxford University (UK)


問い合わせ先:医局長(坂井)
 
TOPへ戻る