Loading 研修・教育

後期研修プログラム

金沢大学神経内科後期研修(卒後3年目以降)について


卒後初期研修が終了した医師3年目は、医者として成長するための大変重要な時期です。金沢大学神経内科の後期研修は、神経内科専門医を目指す人、内科の研鑽を更に深めたい人、研究を行いたい人などそれぞれの希望に対応可能です。

日本神経学会神経内科専門医試験受験資格は次の通りです。これらの基準を意識することなく受験資格が取れる様に後期研修プログラムが組まれています。
1. 日本国の医師免許証を有する者
2. 受験時に初期研修を含む臨床研修期間を6年以上有するもので、かつ本学会正会員歴を3年以上有する者
3. 認定内科医であること
4. 上記2)の臨床研修期間について、本学会が認定する教育施設・准教育施設・教育関連施設においての研修が次のいずれかを満たす者
 
「新施設認定基準」で必要とされる研修歴は次の通りです。

(1)教育施設で3年以上
(2)教育施設2年以上、かつ准教育施設を含めて合計3年以上
(3)教育施設2年以上、かつ准教育施設・教育関連施設を含めて合計4年以上
(4)教育施設2年未満の場合、准教育施設含めて合計4年以上(准教育施設のみでの4年間を含む)
 
神経内科1年目

研修項目研修場所・内容研修期間
臨床神経金沢大学附属病院神経内科にて担当医 
脳波・筋電図金沢大学附属病院神経内科にて指導医の下で研修 
神経病理金沢大学附属病院神経内科にて指導医の下で研修
(年間60件以上の生検カンファレンスおよびCPCを担当)
 
神経放射線科金沢大学附属病院放射線科にて指導医の下で研修以上12ヶ月
 
神経内科2年目

研修項目研修場所・内容研修期間
臨床神経大学病院外の教育施設、准教育施設神経内科の指導医の下で病棟・外来研修
内科認定医取得
12ヶ月
 
神経内科3年目(希望者は大学院に入学。主に臨床に従事)

研修項目研修場所・内容研修期間
臨床神経金沢大学附属病院神経内科にて担当医12ヶ月
神経内科専門研修下記のコースより選択(3-4年目)
認知症:もの忘れ外来など
脳血管障害: 集中的に血管障害を担当
神経画像:MRI、PETを含む画像検査
神経免疫:免疫性神経疾患の診断・治療
神経病理:生検・剖検所見をまとめる
神経遺伝:遺伝性神経疾患の診断・治療
 
他科選択研修
(希望者)
下記のうちからいずれか1つ
選択科目
脳神経外科:金沢大学附属病院脳神経外科にて担当医
精神医学:金沢大学附属病院神経精神科にて担当医
小児神経:金沢大学附属病院小児科にて担当医
その他:本人の希望による研修
 
 
神経内科4年目(希望者は大学院に在学。主に臨床に従事)

研修項目研修場所・内容研修期間
臨床神経金沢大学附属病院神経内科にて指導医
(チーフレジデント)
12ヶ月
神経内科専門研修下記のコースより選択(3-4年目)
認知症、脳血管障害、神経画像、リハビリ、神経免疫、神経病理、神経遺伝
 
 
神経内科専門研修終了後は、神経内科専門医として活躍したり、大学院での研究・海外留学など本人の希望が叶うよう配慮しております。
詳細は医局長(坂井)までお問い合わせ下さい。
 
TOPへ戻る