研究紹介

研究紹介

神経病理

 
神経病理グループの活動は大きく二つに分けられる。一つは、日常診療に直結した、末梢神経や筋生検の病理診断であり、もう一つは不幸にして亡くなられた患者さんの病理解剖と神経病理診断である。神経病理診断は未解明な事項が多く残され、臨床診断が非常に困難である疾患が多い神経内科領域の診療において、最終診断を確認できる唯一の手段である。そのため、臨床における診療能力の向上に神経病理診断は最も重要であるとの考えに基づいて活動している。現時点では医王病院の石田千穂医師を筆頭に、坂井健二、中村桂子の三名の日本神経病理学会員の医師で神経病理グループとしての活動を行っている。
 
金沢大学における末梢神経および筋生検の歴史は古く、1982 年1月に高守正治教授が着任される前より、内科教室の神経検査室にて末梢神経・筋生検が行われていた。台帳の記録を紐解くと、1981年度からの筋生検の記録および生検検体が保存されている。生検検体は当科の症例のみではなく、当院の他科や他の病院からの検体も受け入れ、標本の作製と診断が行われてきた。2000 年1月の山田正仁教授着任後も、年間約50 検体程度の末梢神経・筋生検の診断を継続して行っている。
2003 年には病理関係担当の研究補助員が2 名採用となり、それ以前は主にHE染色、mGT染色、NADH-TR 染色のルーチン染色に限られ、また、主治医それぞれで染色を行っていた状況が、他の特殊染色や免疫染色、末梢神経の場合はトルイジンブルー染色での検討やその後の電顕標本の作製、ときほぐし標本での検討がルーチンに行える体制となった。筋病理診断などは別の施設に依頼している施設が多くなっている昨今において、自施設内で詳細な検討が行えることは非常にすばらしい環境である。このような体制のもと、神経病理グループでは症例報告を主として継続した学会発表や論文報告を行っている。また、病理関係技術の研鑽のため、若い先生方に生検係を担当してもらい、生検カンファレンスでの発表や病理診断報告書の作成を通して、生検技術や病理診断方法の指導、臨床診断能力の向上を図るとともに、一通りの末梢神経・筋生検が行えるように指導している。
 
神経内科領域の疾患では、最終診断に病理学的検討が必要な疾患が多く残され、画像診断などの診断法が発達した現在においても神経病理診断は非常に重要な位置を占めている。
当科における中枢神経病理の研究について、これまでに数名が国立療養所犀潟病院に赴任し、副院長の福原信義先生と神経病理の巻渕隆夫先生のご指導で中枢神経病理の研鑽を積み、金沢大学でも年間1-2例程度の剖検が行われてきた。しかしながら、犀潟病院への派遣は2003 年度を最後に中止となり、中枢神経病理の経験を恒常的に積む機会が一旦失われた。教室ではその間も1-2例/年程度の病理解剖が行われ、重要な報告がなされていた。
2003 年に前述した2 名の研究補助員が採用となり、教室での中枢神経系のパラフィン標本などを作製する体制が整備された。2005 年11月には山田正仁教授主催のもと第33回臨床神経病理懇話会を金沢で開催し盛況を博した。
 
2007年に当科の関連病院で、当地域の神経難病患者さんを長期に渡り診療している主要施設である国立病院機構・医王病院に臨床研究部(院内標榜)が設置され、石田千穂部長を中心として、神経内科が剖検を行う体制を構築した。当科の研究室にて脳標本作製や特殊検索を行い、一般臓器の病理診断は金沢医療センター川島篤弘先生にご協力を頂き、2008 年11月から、医王病院にて2 ヶ月毎に2 症例の臨床病理検討会(CPC)を開始した。CPCには当科の医局員だけでなく、関連施設からも神経内科医が参加し、活発な討論が行われている。2009 年4月からは坂井健二医師も神経病理担当に加わった。2009 年10月には、第1回日本神経病理学会東海・北陸地方会を山田正仁教授主催のもとで開催し、北陸地方における神経病理の普及や発展にも貢献している。2009 年からは金沢大学神経内科の後期研修医に神経病理学的な検索と報告書作成を行ってもらっており、臨床診断から病理学的な最終診断までのプロセスを一通り研修できる体制としている。
 
これまでに当科および医王病院が関係して剖検が行われた症例は59 例(1例はMSA+PSPの合併例)である。医王病院を主体に剖検が行われているため、疾患の多くは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を含めた神経変性疾患や筋強直性ジストロフィーを主体とした筋疾患が占めていることが特徴である。なお、当科は北陸で唯一プリオン病の剖検、病理学的検索を行える施設であり、これまでに6 例の剖検を行っている。プリオン病の確定診断は未だに病理学的診断に頼らざるを得ない状況であるが、わが国におけるプリオン病の剖検率は先進国の中で最低レベルであり、今後向上させる努力が欠かせない。当科ではプリオン病の剖検を積極的に行っており、2 年に1例程度の剖検と病理学的な解析を、金沢大学の病理学教室や他の施設との連携のもとで行っている。
現時点では、神経病理で歴史のある他施設と比較して、規模や保存検体数が非常に少なく、病理検討が行われている疾患も変性疾患が主体であるが、症例報告レベルでは着実に成果をあげてきており、今後は多数例を用いた病理学的な研究を行い、臨床へも還元できる成果が得られるように努力したい。
 
TOPへ戻る